スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と季節行事

花と季節行事

和風月名(わふうげつめい)

旧暦では和風月名という和風の呼び名で月を表していました。
旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用される事が
あります。現在の暦では季節感に1~2ヶ月のずれがありますが、
趣のある季節の移り変わりが伝わります。


二十四節季(にじゅうしせっき)

春夏秋冬の4つの季節をそれぞれ6つに分け、一年の季節の
変化を24の名称で示した旧暦の事を二十四節気といいます。
現在でも春分、夏至、秋分、夏至など季節を表す言葉として
残っています。
『春は何月の事を指す』など断定することはできませんが
二十四節気を目安にすることで季節に遭った花材を使い、
季節行事にちなんたアレンジメントを作ることができます。
年によって日付は1~2日前後する事があります。


~春~

和風月名

2月…如月(きさらぎ)
    衣更着(きさらぎ)ともいい、寒さが残り衣を重ね着する月

3月…弥生(やよい)
    草木が生い茂る月

4月…卯月(うづき)
    卯(ウツギ)の花の月


二十四節気

初春

2月 4日 立春(りっしゅん)
  暦ではこの日から一年が始まる。
  春の季節をどことなく感じる季節。

2月19日 雨水(うすい)
  今までに降った雪や氷が解けて水となり、
  雪が雨に変わって降るという意味。
  寒さが和らぎ、草木が芽吹き始める。


仲春

3月 6日 啓蟄(けいちつ)
  暖かくなり、冬眠していた虫が地上に出てくる。
  『蟄』は『ちゅう』の慣用読みで、虫などが土中に
  隠れているという意味。

3月21日 春分(しゅんぶん)
  桜のつぼみが膨らみ始め、昼と夜の時間がほぼ等しくなる。
  春の彼岸(3月18日~24日)の中日の事をいう。
  先祖を敬い、個人の御霊を偲ぶ日。


晩春

4月 5日 清明(せいめい)
  草木が芽吹き、清らかで生き生きとしてくる春先の意味。

4月20日 穀雨(こくう)
  百穀を潤す春雨によって芽が伸び、果実の花が咲く。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シェリーフルール

Author:シェリーフルール
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。